ビフィズス菌のダイエットの効果

 

ダイエットには、まず腸内環境を整えることからはじめましょう。ビフィズス菌が体に良いとされています。
ヨーグルトを食べてビフィズス菌を摂取して、お通じを良くすることで、ダイエットの効果があるとされています。
便秘を解消したら、痩せ体質になれるでしょう。
便秘はダイエットの敵です。ヨーグルトを毎朝食べることで、ビフィズス菌が腸まで届いて腸内環境を整えて、ダイエットに効果のあるお通じを生み出してくれるとされています。

 

なお、私はダイエットに、いいとされる、ベジタリアンを貫いています。肉や魚を一切食べていません。
これで、乳製品と卵をとらない人をヴィーガンというらしいのですが、私はさすがにヨーグルトだけは、乳製品としてとっています。ビフィズス菌が腸まで届いて、体にいいからです。
ダイエットの効果に抜群だと思ったのは、ウォーキング前と朝に食べることです。運動をあわせることで、よりダイエットの効果があると思います。

 

ウォーキングとビフィズス菌ダイエットとあわせて、パスタダイエットもしています。パスタダイエットとは、朝、パスタの半分を食べ、夕方に残りの半分を食べることです。炭水化物を減らすことで、効果的なダイエットが可能になりました。これで、8キロ痩せたのは自慢です。

 

ですが、完全に炭水化物を抜くわけではないので、簡単には痩せません。多少は炭水化物を食べてしまっているので。いまの生活だと、完全に炭水化物を抜く生活は厳しいです。金銭的に、肉魚は食べるのが大変なのでベジタリアンになったというのもあるのです。炭水化物は健康に悪いとされていますが、本当のところはわかりません。

 

ですが、ビフィズス菌が体にいいことだけは確実です。なので私は、痩せ体質になれるまでヨーグルトを食べ続けようと思いました。炭水化物が体に悪いのかはわかりませんが、ヨーグルトは体にいいのは確かです。
お通じを快便にすることで、ダイエットの効果があるのです。

 

 

 

 

動物性乳酸菌より強いと言われる直物性乳酸菌を取り、体内を改善して毎日健康に。