乳酸菌とアレルギーの関係はここから

 

乳酸菌は、ヨーグルトなどの乳製品に多く含まれていることで有名です。乳酸菌を摂取するとお通じが良くなって、便秘改善などの健康効果を得られることは世間一般に広く知られています。

 

ですが、乳酸菌の魅力はそれだけではありません。最近の研究によると、乳酸菌を摂取することで「花粉症」や「アトピー性皮膚炎」などの厄介なアレルギーを予防出来るそうなのです。

 

そもそもアレルギー反応とは、ダニや花粉などアレルギーの原因となる物質・アレルゲンが体内に侵入した際に、人体がIgEという免疫系のたんぱく質を過剰に生成してしまうことに原因があります。IgEの生成にはBリンパ球とヘルパーTリンパ球(Th)という白血球が関与しています。ヘルパーTリンパ球には1型と2型が存在しており、1型はIgEの生成を抑制、2型はIgEの生成を促進する役割を担っています。アレルギー体質の方の場合、2型の働きが強すぎるために人体で様々なアレルギー反応が起こってしまうのです。

 

乳酸菌には、1型の働きを強めて2型の働きを弱める作用があります。この結果、ヘルパーTリンパ球の働きのバランスが整い、アレルギー反応の抑制効果を実現することが可能となります。

 

これまでアレルギー反応は原因不明の不治の病というイメージがありましたが、乳酸菌を活用することで対抗できる可能性が見出されてきたのです。実際、近年の医学界では乳酸菌を様々な病気の改善に役立てる研究が進められており、今後の成果が非常に注目されています。

 

私たちがアレルギー予防のために乳酸菌を食事で摂取する場合は、かなり大量の乳製品を食べなければいけません。と言うのも、乳酸菌は通常消化液で溶かされてしまい、ほんのわずかな量しか腸内まで生きたまま届かないからです。しかし毎日大量の乳製品を食べるのは非現実的な計画です。

 

そんな時は、乳酸菌を豊富に配合した乳酸菌サプリメントがお勧めです。乳酸菌サプリメントは一般的な乳製品よりも乳酸菌の吸収率が大幅に高められており、アレルギー予防に大変重宝します。
アレルナイトプラス

 

乳酸菌サプリメント通販人気おすすめ比較ランキング最新版はここから