乳酸菌で癌を予防!

 

 

 

がんは現代病とも言われ、日本人の4人に1人ががんにかかると言われています。実際にかかってしまってからは早期発見・早期治療が有効と言われていますが、そもそもがんにかからないように予防していくのも大切だと思いました。病気にかかったことがないと「まさか」と思うものですが、かかってしまってからでは遅いですからね。

 

がん予防にもさまざまな食品やサプリなどがありますが、近年注目されているのは乳酸菌です。乳酸菌は腸内環境を整える作用があり、悪玉菌を弱めるという効果があります。悪玉菌が増えると発がん性物質を作り出したり腸壁を傷付けたりすることがあるそうで、癌を予防するにあたり無視できない存在です。

 

実際に乳酸菌を飲むことでがんの予防、再発予防に効果があるという実験結果も出ているそうです。さらに乳酸菌は免疫力を高める効果もありますので、がん予防だけではなく、さまざまな健康のためにも摂取したいですね。とくに、腸にダイレクトにダメージがある大腸がん予防をしたい場合には是非おすすめしたいです。

 

がん予防のために乳酸菌を飲むのはいいのですが、注意しておきたい点もあります。それは生きた乳酸菌を腸内に届けてあげることが大切だということ。市販されている乳酸菌サプリや乳酸菌飲料の中には、飲んだときはいいのですが胃酸などで菌がほとんど死滅してしまうものもあります。生きて腸まで届かないと乳酸菌本来の効果を発揮することができません。どんなにたくさんの量の乳酸菌が配合されていても、意味が無くなってしまうのです。乳酸菌の量で効いた気になってしまうことが多いですが、気をつけたいですね。

 

そのため、乳酸菌サプリや乳酸菌飲料を選ぶ際には、腸まで確実に届くということを観点に入れて選ぶといいかと思います。たとえば、胃酸で溶けずに腸でだけ溶けるようなカプセルに入ったものや、そもそも食道や胃で死なないような強い乳酸菌を配合しているものなどです。乳酸菌にもさまざまな種類がありますので、特色にあわせて商品を選んでみるといいのではないかと思いました。

 

 

ビフィズス菌は、悪玉菌によって生成された発がん性物質を吸着して体外に一緒に排泄してくれることにより、体内への発がん性物質の吸収を防いでくれるのです

 

 

 

詳細はここから
ラブレ