パンラクミンの便秘効果

 

 

長年便秘に悩まされています。というかお腹が全体的に弱く、便秘になったと思ったら下痢になったり、急にお腹が下ったり、妙に張ったりということを繰り返しています。病院に行くほどではないかなと思って放っておいているのですが、あまりに症状が続くのでなんとかしたいなと思っていたところでした。

 

そこで、便秘に効くサプリを色々探していたのですが、パンラクミンというサプリが気になっています。パンラクミンは水なしでも噛んで服用できるというのが飲みやすそうだなと思っていたのですが(ちなみにヨーグルト味だそうです)便秘の効果もしっかりあるということだったので期待が高まっています。

 

パンラクミンは有胞子性乳酸菌(ラクボンという名前のようです)が腐敗菌などの繁殖を抑えて整腸作用に効果をもたらしてくれるということです。この有胞子性乳酸菌は胃酸により活性化を妨げられることがなく、生きたまま腸に届きますので効果をしっかり出してくれます。

 

なぜ有胞子性乳酸菌が生きて腸まで届くかというと、厚くて丈夫な皮膜を持っているので抵抗力が強いのです。そのため、胃酸や体内の熱などに強いということです。

 

また、消化酵素タカヂアスターゼN1という消化を助け栄養の吸収を良くするという成分が入っているので、胃もたれなどを改善するという効果もあります。まさに腸だけでなく胃腸まるごとを健やかにしてくれるサプリといえるでしょう。便通の改善の用途だけでなく、消化不良や食欲不振の改善のために飲んでいるという人も多いとのことです。

 

ひとまず、私もすごく興味がわいたので買ってみようかと思っています。これで便通やお腹全体の不調が治るなら安いものだと思います(実際そこまで高額なものでもありませんしね)。サプリはわざわざ病院に行ったりせずとも購入できるというのもいいですね。もしこれで私の便秘などの不調が改善されたら、友達や家族にもぜひすすめたいなと思いました。腸は、年を重ねるほど不調になるといいますからね。